製薬企業のメディカルドクター(MD)募集求人

製薬企業のメディカルドクター

「よりよい新薬をより早く創出する」ことで多くの救える命があります。
― 医師が活躍できる場所は病院だけではありません。
世界的製薬企業のメディカルドクター(MD)として活躍してみませんか?
医師としてのあなたの力で、目の前の患者さんだけでなく治療薬を待ち望む世界中の人々を救うことができます。
これまでの経験を生かし、「新薬創出」という新たなステージで活躍してみませんか。
製薬会社で働く医師(メディカルドクター)を募集している求人企業をご紹介いたします。

製薬企業のメディカルドクター医師求人を見る

製薬企業の医師求人は非公開がほとんど

製薬企業はライバル企業(同領域・同疾患・同じような効能効果を持つ薬剤をターゲットとしている企業)との絡みから、『非公開』という形で求人を行うことが少なくありません。
製薬企業への転職に興味をお持ちの医師の方は、ぜひコンサルタントにお問い合わせください。

製薬企業で働くということ

製薬会社にあなたの力が加わることで、研究開発のスピードアップ、質の向上に繋がります。

新薬の開発は外資系企業を中心に「世界同時開発」がスタンダードとなっています。そのためには、高い医学的見地を持ったメディカルドクター(MD)の存在が必須となります。外資系メガファーマの本国では実際に数十年前から医師を積極的に採用しており、企業内に数十人、数百人の医師が勤務しています。
国内企業においては、これまで大学病院・研究所等の施設と協同で開発を行うケースが多く、社内の開発部長、プロジェクト・マネージャーは獣医師、薬剤師が多くを占めていました。
しかし企業合併や海外市場におけるビジネスの拡大にあたり、外資系製薬企業と同様に「新薬開発に社運を賭け取り組む」といった状況に変化しています。そのような流れの中で、研究開発における医師の見解など従来は大学病院の医局に依頼していた事を、メディカルドクターを採用し自社内で行う企業が増えています。

メディカルドクターの仕事内容は多岐にわたりますが、日米欧各国最先端の医療現場からの情報収集、学会等での発表、データ解析業務が大きな割合を占めています。
世界各国の拠点と共同でプロジェクトを進行するため、海外出張を含めたコミュニケーションの機会は頻繁にあります。
製薬企業各社は国際的ハーモナイゼーションの取り組みに非常に力を入れており、留学中もしくは留学経験のある先生は大変歓迎されます。
病院勤務医からの転身であれば臨床経験を生かしプロジェクトの中核として活躍して頂けることは言うまでもありません。

メディカルドクター(MD)とは

臨床現場の枠を超え 日々進歩する医薬品研究開発のフィールドで活躍してください。
これまでと違った視点から先生のご経験が生かせます。

医薬品開発においてアンメット・メディカル・ニーズ(未だ満たされない医療上の必要性)に応えるため、中枢神経領域(精神科・神経内科)、免疫領域(リウマチ・膠原病内科)のご専門の先生は現在比較的求人が多い状況です。
またマーケットの大きい生活習慣病(糖尿病・高脂血症)の臨床経験があれば、企業においても活躍の場は広いと言えるでしょう。また最新のオーダーメイド医療・テーラーメイド医療といった個別化の治療を進めて行くに当たり、最もニーズが高い癌疾患の臨床経験があれば、専門性を存分に生かして頂きながら先端医療の進歩に貢献して頂きます。

仕事内容については、「医学的見地を持った専門的アドバイザー」の立場から力を発揮して頂きます。
臨床開発業務・安全性業務のプロジェクトでは、医薬品の「ユーザー側」の立場のご経験を生かし「提供する側」として自社内もしくは協力会社(CRO)の数十人~数百人のチームを牽引して頂きます。海外拠点とのやり取りも頻繁に発生し、リアルタイムで「現在何が起こっているのか」最新の状況を把握・指示して頂くのが先生の役割となります。勿論、企業内では基本的にチームで分担して仕事を進めていく為、自社内のメディカルドクターの方々、薬剤師、獣医師、モニター(治験担当者)と総合的に協議の上決定していきます。

学術情報の部門では、最新のデータをまた国内の学会や海外のコンベンション等で発表して頂いたり、国際的な医学雑誌(Annals,Archives, BMJ, JAMA, Lancet, NEJM)等に論文を投稿して頂く機会も数多くあります。
KOL(キーオピニオンリーダー)と言われる各分野の権威の先生方と、より専門的な情報交換をして頂きます。
また、キャリアを積んで頂きますと医療現場をよく知るマーケティングスペシャリストとして業界を俯瞰的に捉え、製品別・もしくは企業が持つ製品全体のプロモーションや企業の中長期的な戦略に関わって頂く事も可能です。

待遇についてはこれまでの臨床経験、研究実績をステップボードに管理職待遇で迎えられることがほとんどです。そのため年収では臨床医時代を上回る可能性が高くなります。
規定の給与の他に企業によってはストックオプションやMD手当てが用意されている場合もあります。
福利厚生に関して言えば、病院や研究機関とは比較になりません。
当直はもちろんなく、企業の多くが裁量労働制となっておりますのでフレックスタイム・コアタイム制を利用し通勤時間もご自身で調整できます。勤務は首都圏もしくは関西圏の本社となり、転勤は基本的にありません。

しかし当然ながら、医師としての病院内での絶対的な立場から「一会社員」としての立場へ変化するため、社会人としての順応性、社会性は要求されます。社内外の関係者と円滑にコミュニケーションを取り、良好な人間関係を築くのも重要な任務の一つとなります。社内では「~先生」ではなく「~さん」と呼ばれ基本的にスーツを着て出社します。

企業によってメディカルドクターに求められることはさまざまですので、企業がどの領域に力をいれているか、どのような人材を求めているか深く知り、吟味する事が非常に重要となってきます。
業界をよく知るコンサルタントが「医師としてのキャリア全体を見据えた」転職をご提案を致します。

製薬企業に転職した医師 製薬企業に転職した医師 製薬企業に転職した医師 製薬企業に転職した医師 製薬企業に転職した医師 製薬会社イメージ

メディカルドクター Q&A

メディカルドクターの転職について、よくあるお問い合わせをまとめました。以下ご覧ください。

求められる経験はありますか?

臨床経験が3年~5年以上、得意分野があり、英文での研究論文等があれば歓迎されます。
また海外のMDは医学博士(PhD)・MBA等の資格を持っていることが多いため、同様の資格があれば昇給・昇格の際に有利になります。

応募にあたって、年齢制限はありますか?

年齢については部署内のメンバーのバランスをみて募集されるため、一概に年齢が高いと難しいといったことはありません。
しかしながら未経験の先生であれば、30代~40代前半のお若い年齢の方が企業に早く適応できると判断されるケースが多い印象はございます。
企業経験のある先生の場合は、これまでのキャリアから総合的に判断し、年齢に捉われずご本人の希望と適性のあるポジションがあれば採用されます。

勤務形態はどのようになりますか?

正社員としてご勤務いただく場合がほとんどです。基本的に会社で定められた就業時間内(9時-18時等)の勤務となりますが、外資系企業の多くがフレックスタイム制やコアタイム制を導入しています。
また就労時間が安定していることから、女性医師にとっても家事や育児との両立が比較的し易いと言われています。

語学力はどの程度必要となりますか?

英語力-TOEIC700点以上(目安)
外資系企業の場合英語力は必須となります。国内企業であっても海外戦略を重視している会社が多く、英語でコミュニケーションが取れる先生は歓迎されます。
入社時にそれほど自信がない場合でも会社の研修制度等を利用するなど、勉強して頂く体制がある会社がほとんどです。お若い先生ほどポテンシャル重視と言えます。

勤務医からメディカルドクターの転職、メディカルドクターから勤務医の転職もサポートできますか。

可能です。製薬企業によっては、企業経験を問わない求人もございます。
またメディカルドクターの先生の臨床現場への復帰につきましても、豊富な医療機関の求人からご提案をさせて頂きます。是非お気軽にご相談ください。

都道府県から製薬企業のメディカルドクターの医師求人を探す

新着製薬企業のメディカルドクターの医師求人

ご希望に合う医師求人が見つかりませんでしたか?

医師登録(求職申込み)をするとより多くの医師求人を得ることができます。医師を募集している求人病院は、Webサイト等で公開されている他にも多数ございます。
当ホームページに掲載されていない医師求人は求人病院の意向によりご登録いただいた医師の方に限り提供しています。
医師登録(求職申込み)をしていただくと、掲載されていない非公開の医師求人(39,000件以上)についても相談・紹介を行うことができますので、希望の条件に合った医師求人を見つけることができます。ご利用は無料、ぜひご登録ください。医師登録をして求人情報をもらう

転職・アルバイトのご相談・ご紹介は医師転職支援・医師アルバイト紹介サービスにお申し込みください(無料)

転職された医師の声

Dさん(医師12年目)
当時の職場で続けるか、転職をした方がいいのか迷っていたときに相談しました。
仕事内容や給与面、自宅からの通勤時間などトータルでいくつかの求人情報を提示して頂いたので、当時の勤務先との比較がしやすかったです。
私の意見を聞きながら相談に乗ってもらえ、紹介して頂いた病院に転職してからも連絡を取っていますが今の勤務先に満足しています!
結婚などを機に転職する際は、また利用させて頂きたいと思っています。

キャリアコンサルタントの声

メディカルキャストでは、未経験から部長・副院長・院長といったキャリアクラスの方まで幅広い医師のみなさまのご転職のお手伝いをさせて頂いて参りました。
数々の経験をベースに、ご希望やこれまでのご経験を最大限に活かせる医療機関をご提案します!

  • ●どんな病院が自分に合っているかわからない
  • ●精神科に転科したいが内科の経験しかない
  • ●当直/オンコールなし・土日休みで探して欲しい
  • ●年収2,000万円以上なら転職を考えたい

などなど、漠然としたご希望でもOKです!
じっくりとお話を聞いて、必ずご納得頂ける転職をサポート致します!
もちろんスピードも重視していますので、ご登録後、早急に求人をお探しし、ご提案致します。
弊社一同、心よりお問合せをお待ちしております。

転職支援サービスご利用の流れ

ご登録

サービスをご利用いただくため、WEBの専用フォームからまずはご登録ください
所要時間は1分程度。ご入職に至っても費用は一切かからないのでご安心ください。

求人紹介・ご面談

ご登録時にお聞きしたご希望条件やご経歴などから、マッチ度の高い医療機関をお探しし、リアルタイムの求人情報をご案内致します。
また、お時間を頂けましたらご希望の場所で面談を実施し、ご希望をじっくりとお聞かせ頂きます。

面接

ご登録者様と医療機関の双方面接希望を頂けましたら、「面接日設定→面接」となります。
面接には弊社コンサルタントが同行し、面接のポイントもお伝えしますのでリラックスして臨んで頂けます。

決定・入職

条件面や勤務開始日の調整などを行い、マッチすれば入職決定です。

入職後サポート

入職後は定期的に、何かお困りのこと(勤務内容や条件面など)が無いかお聞きしています。
もちろんアフターフォローも完全無料。
安心して長くお勤め頂けるよう、入職後のサポートにも力を入れています!!

メディカルキャストより

弊社案件は非公開のものも多数ございます!(公開されている以外の非公開の求人が39,000件以上)
まずはお気軽にお問合せ頂ければご希望に合った求人をご案内します!